こんな問題と採点で大丈夫なのか?-新共通テスト 試行調査 国語の記述式問題について-

私は、新共通テストで記述式試験を課すことには、現時点では反対だが、すでに各大学ごとに新共通テストをどう選抜に利用するかが公表されるなど、実施に向けて大きく舵が切られてしまっている。そういう状況の中では、さしあたってあまりにおかしな問題や採…

こんな採点で大丈夫なのか?-新共通テスト試行調査 数学の記述式問題について-

高大接続改革の一環として行われている大学入試改革のひとつである「大学入学新共通テスト」は、記述式試験の導入をひとつの大きな柱として構想されており、文科省は、たとえば次のような形で、記述式問題導入の意義を説いている。 2.なぜ記述式問題を導入…

ランダム率について新井紀子氏に説明を望むこと

新井紀子氏が中心となって行っているリーディングスキルテストについて、特に「ランダム率」の観点から2つの記事を書いた。 これらの記事に対してかどうかはわからないが、新井氏がツイッター上でランダム率についての追加説明を行っている。以下のツイート…

少なくとも「中3の7割が、同義文判定で、サイコロよりましとは言えない」は撤回すべきでは?(ランダム率について)

新井紀子氏を中心としたグループが実施している「リーディングスキルテスト」の結果報告に記述されている「ランダム率」について、2月末から3月初めにかけて記事を書き、ツイッターを中心とした議論をした。そのときの経緯は次の記事に追記した。 今回、 htt…

「ランダム率」がわからない(ので教えてほしい)2018/3/1追記

新井紀子氏を中心としたグループが行っている「リーディングスキルテスト」(RST)の結果、日本の子どもたちの読解力について様々な問題があることが指摘されている。この結果の意味するところなどを適切な言葉で表現するためにどのような言葉を選ぶべきか、…

京大の入試ミスに関する吉田弘幸氏の対応は、現時点では疑問だ

阪大と京大で音波の反射と干渉に関する物理の問題に出題ミスがあるとの指摘を受け、追加合格の措置をとるなどの対応が行われた。 両者のミスを指摘した吉田弘幸氏は、自身の見解と解説を説明する文書を作成している。 Dropbox - resume.pdf (本稿は2/5にダ…

身体的な感覚の共有を求めること─高橋純子『仕方ない帝国』評─

「エビデンス?ねーよそんなもん。」という衝撃的な一文で、高橋純子氏の『仕方ない帝国』(河出書房新社)が話題である。 日刊ゲンダイが高橋氏にインタビューした記事の冒頭 新聞記者は、ウラを取って書けと言われるが、時に〈エビデンス? ねーよそんなも…

松本徹三氏はおそらく基本的な事実を誤認している>東ロボ

松本徹三氏が書いた「AIが神になる日――シンギュラリティーが人類を救う」という書物について、中村伊知哉氏のツイートとそれへの新井紀子氏のコメントがあった。 「AIが神になる日」。新井紀子さんのAI「東ロボくん」が東大合格は不可能という結論を出したこ…

この事案を拡散していいのか懸念がある

宮川 剛 氏が自身のtwitterで、採用内定を取り消されかけている事案に関する情報を公開している。 togetter.com 一般企業では内定取り消しは大きな問題であることは疑いの余地はないが、今回宮川氏が報告している事案は、大学関係の人事問題であり、経緯を詳…

2016年12月14日付産経社説を批判する。

産経新聞は2016年12月14日付の社説で、「記述式の入試 人材育てる労を惜しむな」と題する記事を掲載した。 現実の国立大学の二次試験がどのような形式で実施されているかを全く調べず、大学教員に不当な非難を浴びせる極めて悪質な記事であると言わざるを得…

「国語・小論文・総合問題」を「記述式」と拡大解釈するミスリード

国立大学協会が記述式試験に関する考え方を発表したことを各紙が伝えている。その中に、次のような文言が入っている。 朝日:「国立大の2次試験で、国語などの記述式を導入しているのは募集定員の約4割にとどまっており、」 読売:「国立大2次試験では現…

80字で測れることは何か?

新共通テストに関して、国大協が「記述式は不要」という見解を出したという一部報道(その後国大協側は否定)があった。 News Picsというサイトでは、この記事に関してこんなコメントが付いている。上の方から順番にいくつかを抜き出してみる。 西田 亮介 東…

記述式試験の採点は公平に行われている

記述式試験は公平でないという意見 現行の大学入試センター試験の後継として計画されている新共通テストでは、記述式の問題が出題され、民間業者への委託と大学教員による採点とが導入される方向で検討が進んでいる。 私は、少なくとも現状では、提案されて…

【新共通テスト記述式】産経新聞9月11日付「主張」を批判する

9月11日付の産経新聞に「主張:大学入試改革 豊かな知識で学ぶ意欲を」と題された記事が掲載された。 私がこの記事に対して批判したいことは次の2点だ。 あたかも大学側が怠惰であるかのような不当な非難 入試科目を増やすという提案に対する具体例の欠如 「…

【新共通テスト記述式】NHK時論公論(9月8日付早川信夫解説委員)を批判する

NHKの時論公論で大学入試改革の話題が取り上げられた。しかし、この記事は、本ブログで批判してきた朝日新聞およびその編集委員 氏岡真弓氏と読売新聞の記事と比べてもはるかに行き過ぎた表現や粗雑な分析を行う低劣なものであったと言わざるを得ない。今回…

【新共通テスト記述式】こんな読み取りで大丈夫なのか?

文科省が9月1日付で公開した「高大接続改革の進捗状況について」という文書がある。この文書では、大学入試センター試験の後継となる新共通テストに記述式問題を導入することが盛り込まれている。この記述式試験の採点方法については、以下の記事で、朝日新…

【新共通テスト記述式】再び氏岡真弓氏を批判する

これまでの経過と本記事の内容 2016年9月2日付の朝日新聞に2つの記事が掲載された。 (社説)大学入試改革 素材示し議論を広げよ:朝日新聞デジタル (社説余滴)量の問題に向き合って 氏岡真弓:朝日新聞デジタル である。後者は、このブログで一貫して批判…

【新共通テスト記述式】2016年9月2日付読売新聞社説を批判する

2016年9月2日の読売新聞に、「大学入試改革 受験生のためになる1月実施」とする社説が掲載された。しかし、この社説の内容は、実際の発表内容をミスリードしかねない非常に悪質なものであると言わざるを得ない。以下、この社説の内容について具体的に批判す…

【新共通テスト記述式】大学側が採点する方法に反対する-特に採点の観点から-

前回までのまとめと今回の内容 という2つの記事で、8月19日付朝日新聞1面記事・4面解説記事および8月20日付朝日新聞記事の内容を見つつ、編集委員 氏岡真弓氏を批判してきた。 最初の記事では、主として記事化の経緯の不明確さに対する説明を求め、2つ目の記…

続【新共通テスト記述式】氏岡真弓氏による朝日新聞の記事を批判する

前回のまとめと補足 前回 という記事で、朝日新聞編集委員 氏岡真弓氏の署名記事について批判した。 その要点は、氏岡氏の記事が、国立大学協会入試委員会の対応に関して、(意図的にせよ結果的にせよ)明らかな印象操作を行い、「新共通テストの記述式試験…

【新共通テスト記述式】氏岡真弓氏による朝日新聞の記事を批判する

朝日新聞8月19日付記事にかかわる経緯 2016年8月19日の朝日新聞1面および4面に、新共通テスト(センター試験の後継となる試験)の記述式問題の採点方法に関する記事が掲載された。これらはいずれも、朝日新聞 編集委員 氏岡真弓 氏による署名記事だった。 8…

Hello

hello>all